初めての賃貸経営 分譲マンションを貸したい

低層階の部屋を購入しました

史上まれな低金利で賃貸経営に関心 | 借り手の需要と自分が住みたいくらいの魅力的な物件 | 低層階の部屋を購入しました

 一方、分譲用の物件は、オーナーが自分で住むことを基本に想定しているので、価格も無制限ではなくても、防音性能や設備のグレード、管理のスタイルなどが快適性をより重視しています。
そして、賃貸不動産の中でも、”分譲賃貸”というジャンルで、転勤の一時的な住居など、購入はしたくないが分譲マンションのグレードの家に住みたいという需要もあることがわかりました。
 分譲賃貸は、賃貸市場でも希少性があり、立地条件が似ている物件と比較した場合、人気が高く、それを家賃に反映しても十分競争力があるとわかったので、初めての不動産購入を前に、心配事を一つずつ解消することができました。
 購入を決意した後、モデルルームを見ていくうちにわかったことは、同じ建物の中では、方角が同じでフロアが違う部屋は基本的に間取りが同じになっていることと、1フロア上がるごとに数十万円から100万円前後値段が上がること、賃貸市場では住所が同じ建物の中なら、フロアが違っても家賃の違いは数千円であることで、高層階を購入してもその分の差額を家賃収入で回収するのは難しいということです。
 マンションでは、部屋の広さやフロアにかかわらず、同じ共有物件と住宅管理の恩恵が受けられるし、低層階には朝の通勤、通学が集中する時間帯、エレベーターを待たなくても会談で外出できるなどのメリットがあります。
 これは、万一将来自分が住みたい場合にも当てはまるし、賃貸市場でもメリットになると考えて、低層階の部屋を購入しました。