初めての賃貸経営 分譲マンションを貸したい

借り手の需要と自分が住みたいくらいの魅力的な物件

また、投資のためにモデルルームを見ているうちに、自宅としてもこんな所に住んでみたい物件と、借り手の需要がある物件は同じではないかと思いました。
 自分が住みたいくらいの魅力的な物件なら借り手も見つかるし、自分が住みたくならないような物件では賃貸でも借り手は見つからないという考えになって、空室リスクへの備え方として、借り手がいなければそのまま自宅にすれば、収入はない代わりに自分が支払う家賃をなくすことができることに気がつきました。
 いざというときに返済に困ることがないとわかったら安心して物件選びを始めましたが、そこでマンションにはコストパフォーマンス重視の投資用と、クオリティ重視の分譲用があることを知りました。
 住宅選びでは、立地条件や設備の仕様など、快適性が住宅の性能ですが、投資用では底に投資効率が評価基準として加わります。
快適性を重視するあまり割高になると、それに見合った家賃をもらって貸したいと思うため、価格競争力がなくなってしまいます。
そのため、投資用の物件では、立地や設備の仕様などの快適性に加えて、価格とのバランスが大切になります。

史上まれな低金利で賃貸経営に関心 | 借り手の需要と自分が住みたいくらいの魅力的な物件 | 低層階の部屋を購入しました

マンション 貸したい | 山形市不動産