初めての賃貸経営 分譲マンションを貸したい

史上まれな低金利で賃貸経営に関心

史上まれな低金利で賃貸経営に関心 | 借り手の需要と自分が住みたいくらいの魅力的な物件 | 低層階の部屋を購入しました

史上まれな低金利で賃貸経営に関心を持ち、家賃収入を返済に充てれば毎月の返済資金を手元から出さなくても資産形成ができるという仕組みもわかりましたが、最大のリスクは空室だと思いました。
 空室で家賃収入がとだえても返済は続けなければいけないし、マンションでは管理費と修繕積立金も毎月必要です。
 また、もう一つの心配は、将来自宅を購入したいと思ったときに、マンションのローンをすでに借りているために住宅ローンが十分な金額借りられないことでした。
 そこで、銀行のローン相談窓口に相談したところ、住宅ローンが借りられるのは自宅として居住する場合に鍵われていて、住宅ローンで買ったマンションを賃貸したら契約違反になる可能性があることと、住宅ローン以外でも不動産を担保にしたローンはあり、そこから家賃収入が生まれていれば収入が増える分、将来住宅ローンを借りるときの障害にもならないという説明をしてくれました。
 将来、住宅ローンを借りるときの障害になることがないなら、備えておくべきリスクは空室だけです。